So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

首都大学生「ドブス」写真集 ネットに投稿、大ひんしゅく(J-CASTニュース)

 「ドブスを守る会」を名乗る大学生の一団が動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿した動画が、ネット上で大ひんしゅくを買っている。動画では、「ドブスが絶滅の危機に瀕している」とした上で、駅前を歩いている女性に「写真を撮らせて欲しい」と接近し、「ドブスは残さなければいけない」などとして、嫌がる女性に執拗につきまとうという内容だ。ネット上では「いじめだ」などと批判が強まっており、撮影にかかわった男子学生2名が所属する首都大学東京も、処分を含めて検討を始めた。

 問題になっているのは、「ドブス写真集完成までの道程」と題した6分弱の動画。動画の冒頭では、

 「情報化の進展により、化粧や洋服や髪型の流行を追いかけることが容易になり、果ては整形技術のおかげで、女性が最低限の見栄えを繕うことが可能になった」として、「ドブスが絶滅の危機に瀕している」と主張。「ドブスを守るための活動の第一歩として、わが国から消えゆくドブスの姿を収めた写真集を作り始めた」と、身勝手な動機を披露している。

■一般女性を執拗に追い回す

 動画は、2010年6月12日に立川駅前で撮影されたとされ、男子学生が一般女性に対して

  「もしよろしければ、写真を2枚ほど撮らせていただきたいんですけど、ダメですか?」

と声をかけ、女性が

  「今、ちょっと時間がないので…。友達と待ち合わせているので」

と難色を示すと、

  「ドブスってのが、どんどん減っている状況なんですよ。これからの時代、ドブスは残っていかなくちゃいけない。それを残すために、ドブスの写真を撮って、写真集を作ろうとしている」

などと言いながらつきまとうと言う内容だ。この動画では、この女性以外にも1人別の女性が被害にあっており、この女性は

  「写真撮って何かやるんですか?お断りします」

と言っているにもかかわらず、男子学生は女性に対して

  「ぴったりなブサイクなんで。絶対後悔しないと思うんで」

という言葉を投げつけている。

■首都大学東京「処分含めて検討」

 現在、この動画自体は削除されているが、女性の顔にモザイク加工したバージョンは広く出回っており、ネット上では

  「悪ふざけでは済まされないレベル 」
  「ひどい。いじめと変わらない」

との声が続出した。

 動画の最後には、企画・出演した男子学生の実名が紹介されていたため。ネット利用者が、男子学生が首都大学東京に所属していることを特定。大学側に非難のメールなどを送った。

 首都大学東京の広報担当によると、大学側は事態を6月17日朝に把握。男子学生2人は大学側の事情聴取に対して、動画をアップロードした事実を認めているという。大学側は、

  「動画をアップロードした動機などについては、現在ヒヤリングしているところ。処分を含めて検討している」

と話している。


■関連記事
学生動画流出で「やずや」謝罪 新卒採用で「敗者復活戦」 : 2010/04/26
ミクシィに不正アクセス 名古屋の男子大学生を書類送検 : 2009/01/07
「無理強いなく、金も払わず」でなぜ 大学生の淫行逮捕に疑問相次ぐ : 2009/05/14
「格下婚」狙う女性増加中  適齢期男性、ちょっと複雑か : 2010/06/14
資金繰りに苦しむ社長 「ロト6」にハマってしまった : 2010/06/09

中畑氏「石井浩郎をよろしく」秋田で初遊説(スポーツ報知)
富士山信仰の絵札、Tシャツで“復刻”(読売新聞)
鹿児島側、県境6カ所を封鎖=口蹄疫対策で12日午後にも(時事通信)
<口蹄疫>神に祈る 宮崎神宮で終息祈願祭(毎日新聞)
亀井氏「連立離脱の覚悟」…郵政と会期延長で(読売新聞)

4歳男児、遊具で2指切断=チェーンに挟み―北海道(時事通信)

 6日午後0時40分ごろ、北海道三笠市幌内町の鉄道テーマパーク「三笠鉄道記念館」で、敷地内にある2人乗り遊具「軌道自転車」に乗っていた札幌市西区西野7条、会社員鎌田邦治さん(32)の長男陸叶ちゃん(4)が遊具に右手の指を挟んだ。陸叶ちゃんは薬指と小指の第1関節から先を切断、ドクターヘリで札幌市内の病院に搬送された。道警三笠署が詳しい状況を調べている。
 同署と同記念館によると、軌道自転車は屋外に設けられ、2人分のいすとペダルが横に並んでおり、ペダルをこいでレールの上を走る仕組み。鎌田さんと陸叶ちゃんが2人で乗っていた際、足元のチェーンと歯車の間に指を入れ挟まれたとみられる。 

【関連ニュース】
割安補修で遊び場確保を=遊具事故防止に事例集
としまえん遊具から少年落下=腕骨折、稼働中身乗り出す?
事故情報を手軽に検索=データバンク、4月1日稼働
博多港のベイサイドプレイス全面開業=福岡〔地域〕
南九州市で竜巻=滑り台20メートル飛ぶ

菅新首相が初会見、「人事すべては全くの白紙」(読売新聞)
看護師教育のみの学士課程促進を―日看協が要望書(医療介護CBニュース)
樽床氏を国対委員長に起用 菅新首相が発表(産経新聞)
首相指名は「渡辺喜美」=みんな(時事通信)
運転士がトイレで離席、回送列車40m動く(読売新聞)

<臓器移植>50代の男性が妻に角膜提供 親族優先を初適用(毎日新聞)

 日本アイバンク協会は22日、聖路加国際病院(東京都中央区)に胃がんで入院し、死亡した50代の男性が妻に角膜を提供することになったと発表した。改正臓器移植法で今年1月に施行された親族優先提供の規定が適用されるのは初めて。

 同協会によると、男性は今年4月、同協会に眼球提供と親族優先提供の意思を登録。提供意思表示カード「献眼登録票」を持ち、同病院に伝えていた。50代の妻は角膜ヘルペスで、同協会に待機者として登録していた。

 男性は今月21日午後5時半に心停止し、同午後8時に眼球の摘出手術が終了した。感染症などがないか検査し、医学的に移植可能と確認されると、31日〜6月2日に移植手術が行われる。

 妻への移植は片方の眼球の角膜で、もう片方の眼球はその他の待機者に移植される。

 同協会によると、3月31日現在の待機者は2604人。改正臓器移植法の運用指針で親族は配偶者と親子に限られている。【藤野基文】

【関連ニュース】
東京医大:第三者委員会を設置 不祥事相次ぎ
臓器移植:虐待疑いの児童から摘出禁止 厚労省が運用指針
宇和島徳洲会病院:病気腎移植手術 4例目を実施へ
ひと:松村由利子さん 科学ジャーナリスト賞受賞の歌人
訃報:園田孝夫さん78歳=大阪大学名誉教授

大阪の330m引きずり死、トラック運転手逮捕(読売新聞)
子ども・子育て白書を閣議決定 異例の通称変更で「少子化」消える(産経新聞)
【新・関西笑談】サッカーに乾杯(2)元日本代表FW 西澤明訓さん(産経新聞)
暴力団の大相撲観戦問題 「社会的に許容できず、極めて遺憾」 警察庁長官 (産経新聞)
<ファッションショー>京着物と洋服のコラボ 京都・大覚寺(毎日新聞)

橋下府知事「僕の大号令が必要」 市町村への権限移譲(産経新聞)

【橋下日記】(21日)

 午前9時40分 登庁し報道陣に府から市町村への権限移譲について質問され、「部局は移譲を受けたがらないから、僕の大号令が必要」と話す。

 10時 戦略本部会議。

 10時20分 知事室で報告を受けるなどする。

 午後2時 定例会見。

 3時40分 知事室で打ち合わせ。

 4時半 「大阪新エネルギーフォーラム2011」実行委員会。

 6時5分 退庁。

京都の市営住宅、母と5歳児殺される(読売新聞)
伊丹と持ち株会社で統合へ=関空救済で国交省検討(時事通信)
<口蹄疫>農家に支援策 農相発表(毎日新聞)
今年は12月2日から12日間 神戸ルミナリエ(産経新聞)
<はやぶさ>6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え(毎日新聞)

<名古屋市議会>恒久減税案など否決 河村市長「戦い続く」(毎日新聞)

 名古屋市議会臨時会は21日、本会議を再開し、市民税減税の恒久化、議員報酬半減の2条例案と、新たに8地区で地域委員会をモデル実施するための補正予算案の3議案を賛成少数で否決した。可決を目指した河村たかし市長と議会側の対立は一層深まりそうだ。

 本会議に先立ち、河村市長は「議会は市民の殿堂ではなくなってしまった」と議会のあり方を批判。「まだ決着はつかん。戦いは続く」と3議案の再々提出に含みを持たせた。

 議会側は2月定例会で、減税を「1年限り」とする修正条例案を可決したほか、議員報酬と定数を半減する条例案を否決、地域委員会のモデル実施を増やす予算も削減した。河村市長は3議案を「主権在民3部作」と位置づけ、臨時会を招集して再提出。しかし、議会側は「減税の恒久財源が示されていない」などとして、20日の委員会でいずれも否決していた。

 本会議ではこのほか、情報紙に掲載された議員報酬などに関する河村市長のインタビュー記事や過去の会合での発言をめぐる答弁について、市長から訂正の申し出があり、議長から報告が行われた。【高橋恵子】

【関連ニュース】
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん
名古屋市議会:主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」
名古屋市臨時会:19日招集 定数維持、報酬半減案調整も
名古屋市長:議会解散受任者募集で「はがき百万枚配る」
名古屋市議会:報酬維持を強調…議長「民意聞き基準に」

アライグマ爪跡、二条城・平等院…世界遺産台無し(読売新聞)
仙谷氏の衆参同日選発言 閣僚から批判相次ぐ(産経新聞)
現役首長らが新党「日本創新党」を結成(読売新聞)
勇ましい武者人形130体 世界の民俗人形博物館 長野県須坂市(産経新聞)
<水木しげるロード>隠岐に“延伸” 妖怪力増強、ブロンズ像9体 観光客「海越え」期待(毎日新聞)

遊具広場、囲って安心?孤立?…都立公園(読売新聞)

 東京都が今年度から、都立公園内の遊具広場を人の背丈ほどの柵で囲うという、全国でも珍しい取り組みを始める。

 幼い子どもを狙う犯罪が増える中、不審者から子どもを守るのが狙いだ。犯罪学の専門家らは「安心して遊ばせることができる」とその効果に太鼓判を押すが、「囲いの中が地域から孤立しないか」との慎重論も出ている。公園は地域住民の交流の場ともなっているだけに、今後議論を呼びそうだ。

 今回、柵が設けられることになる都立城北中央公園。練馬と板橋の両区にまたがる約26万平方メートルの広大な公園で、周辺住民たちの憩いの場だ。このうち、柵で囲われることになるのはブランコやジャングルジムなどの遊具が並ぶ一帯約3000平方メートルだ。

 「安全のためならどんなことでもしてほしい」。遊具で長女(2)を遊ばせていた母親(39)はこう歓迎する。つい先日も、近くの公園で、知り合いの子どもが不審な男に執拗(しつよう)に声をかけられたといい、「子どもを安心して遊ばせる場所が欲しい」と打ち明ける。

 昨年、都が子育て世代の都民ら計約1760人を対象に実施した調査では、子育てに必要な環境として挙げられた回答は「公園や遊び場」(45%)と「治安の良さ」(40%)が上位を占めている。

 こうした中、都が打ち出したのが都立公園の遊具周辺に柵を巡らせる計画だ。今年度から3か年で数億円をかけて都内78の都立公園のうち、12公園に設置する。柵は金属製か木製で高さ約1・8メートルを予定。簡単に乗り越えられないような構造にする予定だが、「監獄のようにならないよう、金網などは避けたい」(担当者)という。警備員などは置かないが、「子連れの大人以外は立ち入り禁止」などという看板を設置し、職員の巡回も強化する。

 ◆NYやロンドン先進事例を参考◆

 都が参考にしたのがニューヨークやロンドン、パリなど欧米の先進事例だ。

 清永賢二・日本女子大教授(犯罪行動生態学)によると、米国では1980年代頃から公園を柵で囲う取り組みを開始。柵内にカメラを向けることや、むやみに子どもに話しかけることも禁止した結果、子どもへの性犯罪が激減したといい、「不審者の接近を遮断するのに極めて有効」と話す。

 一方で、慎重な見方もある。公園の安全対策に詳しい中村攻(おさむ)・千葉大名誉教授(地域計画学)は「公園は地域住民の交流の場。囲いだらけにすれば、地域から孤立し、公園そのものの意義が死んでしまう」と警告。さらに「柵の中は安全と思いこみがちだが、いったん不審者が侵入すれば逃げ場がなくなり、むしろ危険だ」と指摘し、「必要なのは地域とともに子どもを育てる視点で、欧米の対策を直輸入することが最善とは思わない」と強調する。

 都の幹部も「行政が細かいルールを押しつけず、自由に遊べるのが公園本来の姿なのだが……」と本音を漏らしている。

<老後資金>日本人の4割が準備せず 1万人ネット調査(毎日新聞)
<普天間移設>「やり遂げられるのか?」 米大統領が不信感(毎日新聞)
<愛知5人殺傷>ネット競売で借金300万円 警察に父相談(毎日新聞)
<女児ひき逃げ死>元理事長に実刑 横浜地裁判決(毎日新聞)
ネット選挙「その方向でいい」=小沢氏(時事通信)

羽生が先勝=将棋名人戦(時事通信)

 将棋の羽生善治3冠(名人、棋聖、王座)に三浦弘行八段が挑戦する第68期名人戦7番勝負の第1局が、8日から東京都文京区の椿山荘で行われ、9日午後8時57分、102手で後手の羽生が先勝した。持ち時間各9時間のうち、残りは三浦1分、羽生4分。第2局は20、21の両日、岩手県遠野市の「あえりあ遠野」で行われる。 

「特上カバチ!!」に弁護士会抗議 「誤解与える」(産経新聞)
スマートフォン、有料アプリは500円未満26%(産経新聞)
<訃報>吉川英司さん80歳=元フジテレビ専務(毎日新聞)
職員が288万円持ち出し=40年前から簿外資金も−旭川商工会議所(時事通信)
【新・関西笑談】喜びを力に、共に生きよう(4)(産経新聞)

川端大臣「一社随契よくない。改善されることを期待」 理研の1社応札問題で(産経新聞)

 文部科学省所管の独立行政法人「理化学研究所」(理研、埼玉県和光市)が実施した一般競争入札のうち、天下り企業2社が落札した委託業務が、いずれも入札参加企業が1社だけの「1社応札」だった問題で川端達夫文科相は6日、「(理研が)事業事務をアウトソーシングしていたのは事実。その結果として1社がかなりの部分で(委託業務を)随意契約していた」と事実を認めた。

 そのうえで「(委託業務を)天下り会社、それに類する人たちがやっている法人という意味で疑念を持たれないよう、公正で透明な業務の発注の仕方をやるのは当然。理研自体がどう分析するかを見ながら、改善を期待したい」と話した。

 一連の問題をめぐっては、いずれも天下り企業で人材派遣会社の「サイエンス・サービス」=東京都中央区=と「スプリングエイトサービス」(SES)=兵庫県上郡町=が、理研が20年度と21年度に一般競争入札で発注した業務の全9件中8件を1社応札で落札。落札総額は2社で総額4億2600万円にのぼるとみられている。

【関連記事】
スプリング8運営財団 文科省OB企業丸抱え
「財団のための会社」 公金流入チェックなし
300〜400法人 近く各省にヒアリング 枝野行刷相
公用車談合で元課長ら処分 国交省
空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

雑記帳 鉄腕アトムが小学校入学式 「特別児童」に任命(毎日新聞)
若林氏失態「議院内閣制根本から覆る」菅氏(読売新聞)
<詐欺容疑>警官装い免許証詐取 45歳男逮捕 警視庁(毎日新聞)
警察に相談、逆に追及されてネット詐欺ばれる(読売新聞)
米大統領に普天間説明=鳩山首相(時事通信)

ボンネットバスで観光振興=鹿児島〔地域〕(時事通信)

 鹿児島県の薩摩川内市に30日、レトロ調のボンネットバスがお目見えした。バスの運行は、来年3月の九州新幹線全線開通をにらみ、観光客を呼び込もうとの観光振興策の一環。国の地域公共交通活性化への補助金を活用し、運行するバス会社が企画した。
 バスは全長7メートル、発注から3カ月で引き渡しが実現した。市内の2ルートを1日計3往復する。乗車料金は100円。この日はレトロ調の制服をまとったバスガイドも乗車し、出発式に花を添えた。岩切秀雄市長は「観光振興につながれば」と期待を寄せている。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕「せんとくんカプチーノ」登場=奈良
〔地域の情報〕「最後まで雪を楽しんで」=佐賀
〔地域の情報〕カキ入りの「広島焼きそば」が完成
〔地域の情報〕地域通貨「龍馬小判」でまちおこし=静岡県下田市
〔地域の情報〕新感覚の月餅を開発=崎陽軒・関東学院大

<国立がんセンター>収納ミスを隠ぺい 職員15人を処分(毎日新聞)
与謝野氏が離党届提出 谷垣氏「残念だ」(産経新聞)
コメ農家の申請、4月1日開始=赤字分を直接支払い−戸別所得補償(時事通信)
首相動静(3月30日)(時事通信)
自殺「月初め多い」3月1日は最少日の2・5倍(読売新聞)

都内最大級 暴走族の「大田連合」壊滅状態(産経新聞)

 東京都内で最大級の暴走族連合体「大田連合」の構成員の大半が警視庁に逮捕され、事実上の解体状態にあることが25日、捜査関係者への取材で分かった。すでに解散届を出したグループもあるという。「ピアスやネックレス禁止」「ケンカはどんな手を使っても勝つ」など独自ルールを持つ“老舗”暴走族だが、集中摘発により姿を消す。

 捜査関係者によると、大田連合は昭和58年ごろに結成され東京南部を中心に活動。現在は少年を中心に24人が所属している。

 縄張り意識が強く、傷害事件をたびたび起こすなど悪質なグループだ。昨年末から今年1月にかけて活動が活発化。集団暴行や公務執行妨害など、グループの関与が疑われる事件が続発。交番に生卵を投げ込んだり、パトカーに消火器を噴射したケースもあった。

 警視庁の集中摘発で今月までに、傷害容疑などでOBで指定暴力団関係者の男2人を含む14〜21歳の少年少女ら計17人を逮捕。現在、集団暴走は確認されていない。

【写眼】薬師洋行「夢は続く」(2010年)(産経新聞)
<東アジア戦略概観>駐留なき安全保障 防衛研が否定的見解(毎日新聞)
久々の卵? トキが産卵の可能性(産経新聞)
後輩に「ボコるぞ」 恐喝容疑で中学生2人逮捕(産経新聞)
徳島の土地改良区横領、1億円の賠償命令(読売新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。