So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<成人式妨害>騒ぎ、壇上を走る 容疑者5人を逮捕 秋田(毎日新聞)

 秋田市の成人式で騒ぎ、進行を妨げたとして秋田県警秋田中央署は26日、同市在住の20歳の男4人と少年(19)の計5人を威力業務妨害容疑で逮捕した。5人は後日、騒ぎを起こした他の新成人らと穂積志(もとむ)市長らを訪ねて謝罪していたが、同署は「計画性があり悪質で証拠隠滅の恐れがあった」として逮捕に踏み切った。

 逮捕されたのは、同市茨島2、会社員、鈴木祐貴▽同市手形十七流、会社員、松渕恵▽同市新屋大川町、無職、大門佑気▽同市新屋渋谷町、会社員、柳田康兵−−の4容疑者と、無職少年(19)。

 逮捕容疑は11日に市立体育館であった成人式で、職員の制止を振り切って大声で騒いだり壇上に上がって走り回るなど式典の進行を妨げた疑い。

 市教委が同署に被害届を提出。5人を含む新成人18人が23日、穂積市長らに「多大な迷惑をかけてしまいました」と謝罪。穂積市長は寛大な措置を求める考えを示していた。【小林洋子】

【関連ニュース】
成人式:男2人を逮捕、式進行妨害の疑い 長崎・佐世保
成人式:東海3県で12万人 初の“全員が平成生まれ”
成人式:エレベーター事故で亡くなった市川さんの母が出席
成人式:戦車と隊員綱引き 大分・陸自駐屯地が計画
成人の日:各地で逮捕騒ぎ、今年も…暴力、飲酒、信号無視

首相の偽装献金、不起訴不服で検察審に申し立て(読売新聞)
女性死亡、無罪主張へ=押尾学被告の弁護団が会見(時事通信)
明石歩道橋事故 元副署長を強制的起訴へ 検察審が議決(毎日新聞)
<替え玉殺人>中国人被告に無期懲役 大阪地裁判決(毎日新聞)
<日清ファルマ>カプセルは「トクホ」認めず 消費者委(毎日新聞)

「裁判所決定無視」と職員=阿久根市給与訴訟で結審−鹿児島地裁(時事通信)

 鹿児島県阿久根市の男性職員(45)が、鹿児島地裁が懲戒免職処分の効力停止を命じたのに給与が支払われていないとして、未払い分支払いなどの仮執行を求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、鹿児島地裁(牧賢二裁判官)で開かれ結審した。判決は3月2日。
 職員側は「市長は裁判所の効力停止の決定を無視し、職員の就労を拒否するとともに、給与の支払いを拒否している」とし、「職員は生活の危機にひんしている」と主張した。
 これに対し、市側は竹原信一市長が出廷。準備書面で「市が(男性職員の)生活支援をすることは市民への裏切り行為」などと反論した。 

【関連ニュース】
短大生監禁、巡査ら起訴=県警が懲戒免職
25歳巡査を懲戒免職=女子大生にわいせつ行為
わいせつ行為、刑務官を再逮捕=男性受刑者に再三強要
女子生徒にわいせつ行為=中学教諭を免職
教職員3人を懲戒免職=児童買春や盗撮で逮捕

入院患者の身体拘束 病院の措置は「合法」 患者側逆転敗訴 最高裁判決(産経新聞)
個人宅に投票箱配送=衆院選前に預ける−「長年の慣習」と選管・和歌山市(時事通信)
情報漏えい調査に「うそ発見器」=職員から協力の誓約書−防衛省(時事通信)
万引き容疑者、飛び降り死亡=警官追跡中、12階屋上から−大阪(時事通信)
【揺らぐ沖縄】官房長官言及 移設問題、政府再び迷走(産経新聞)

<岐阜県白川村>合掌造りの家々をライトアップ(毎日新聞)

 岐阜県白川村で23日、世界遺産の合掌造り集落のライトアップが始まり、大小の合掌家屋が雪の闇夜に神秘的に浮かび上がった。

【写真特集】美しく青くライトアップされた各地の城、東京タワーなどをみる 世界糖尿病デー

 冬場の観光対策のために豪雪の村が始めたイベントで、今年で24回目。大雪の中、防寒具に身を包んだ観光客が詰めかけ、合掌家屋の障子窓から淡い明かりが漏れる集落の散策を楽しんでいた。

 来月20日まで、土曜と日曜を中心にあと6回行われる。【奈良正臣】

【関連ニュース】
【写真特集】「愛の泉」イルミネーション点灯式にトロが登場 風力発電で光の演出
【写真特集】長澤まさみ:青い“星空”に包まれ「すてき」 東京ミッドタウンXマスイルミネーション
【写真特集】上海万博:中国館など主要4施設をライトアップ
【写真特集】光の競演 美しいイルミネーションの数々

「ガンつけた」バイク追跡し暴行、重傷負わす 容疑の少年ら3人逮捕(産経新聞)
低額宿泊所FIS 新たに無届け2施設 行政監視及ばず(毎日新聞)
阿久根市長 「庁舎内での撮影取材を原則禁止」通告(毎日新聞)
司馬さん愛した庭“復元” 記念館が隣接地を購入(産経新聞)
全精社協事件初公判 会長ら補助金流用認める「厚労省も了解」(産経新聞)

都議補選・島部選挙区は自民が民主破る(読売新聞)

 自民党都議の死去に伴う東京都議会・島部選挙区(定数1)の補欠選挙は24日、投開票が行われ、自民新人の三宅正彦さん(38)が民主新人の池田剛久さん(44)(国民新推薦)を破り、初当選した。

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体を巡る事件の捜査が進む中、鳩山内閣への支持を占う選挙戦としても注目を集めたが、自民は昨夏の都議選で唯一守った「1人区」を大差で維持した。

 自民党都連の幹部は「圧勝できたのは大きい。民主の風が止まった」と話した。伊豆、小笠原両諸島の9町村11島からなる同選挙区は、伝統的に保守系が強いが、民主党都連の幹部は「政治とカネの問題が影響しなかったとは言えない」と言葉少なに語った。

「指示に従わず」と部下暴行=特別救助隊員を停職−東京消防庁(時事通信)
<鶴屋南北戯曲賞>小幡欣治さん作「神戸北ホテル」に(毎日新聞)
【産経・FNN合同世論調査】「幹事長辞任を」70・7%内閣支持率急落44・3%(産経新聞)
仙谷担当相が変節 本音は小沢氏の辞任求めたい?(産経新聞)
3月18日に新証人尋問…羽賀研二被告控訴審(スポーツ報知)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。